象革の特徴

象革の特徴を教えます

象革の特徴は、独特のしぼと溝にあります。
エキゾチックレザーの中でも特に希少性の高い革です。

 

 

しわのある革は雰囲気があり、財布など革小物にすると、とても雰囲気があります。
またとても丈夫なので、長く使い続けることができます。
毎日持ち歩くものだからこそ、丈夫で使いやすいものを選びたいですね。 

 

正直 象革の財布を愛用している人は
ほとんどいませんので、かなり自慢できます♪
象革の財布って圧倒的存在感なんです^^

 

どうですか?コレ♪

 

>>>夢を叶えるという聖なる象革の財布を見てください

 

 

象革の特徴でもうひとつ挙げられるのは、
「ワシントン条約」とのからみです。
エレファント・レザーは、1989年にワシントン条約により、
捕獲禁止となっています。

 

 

ワシントン条約とは、絶滅のおそれのある動物の国債取引に関する条約のことです。
この条約が締結されて以降、輸出入が全面的に禁止されました。
それ以降、市場からは遠ざかることとなりました。
この出来事により、「ワシントン条約」という名前が人々に知られることとなったのです。 

 

 

 

現在では、ごく一部において捕獲が許可されています。
アフリカ・ジンバブエの自然公園内で、生体保護のため、限定捕獲した象革のみ、販売が許可されています。
厳しい規制であり、流通させることが可能になった今でも、レアなレザーであることには変わりありません。 

 

 

 

独特の味があり、丈夫で長持ちする本物のレザーですから、持っているだけで自慢になります。
しっかりお手入れして、美しさを保ちつつ、愛用したいものです。
革ですから、2か月に1度は専用クリーナーでお手入れが必要です。
雨に濡れたらすぐにふき取るなど、普段からのこまめな気遣いも大切です。

 

ガネーシャもビックリ?の象革の開運財布
↓↓↓



↑↑↑