象革 小銭入れ

象革 小銭入れの魅力と特徴

象革は独特のシワが魅力的です。
エキゾチック・レザーとしてはトカゲやカバなどがありますが、新規性という意味で、象革は群を抜いています。
そして、非常にレアなレザーであるというのも、エレファント・レザーの魅力をさらに高めているのかもしれません。 

 

 

1989年にワシントン条約で、エレファント・レザーの捕獲が禁止されました。
今では多くの人の知る「ワシントン条約」ですが、それを知らしめたのはこの、エレファント・レザーへの締結がきっかけです。
ワシントン条約以来、エレファント・レザーは市場から姿を消しました。

 

 

これまでエレファント・レザーで知られていたバレクストラでも、販売は中止となり、手に入れることが不可能になってしまったのです。
今では許可され、入手は不可能ではなくなりましたが、捕獲可能な範囲が限定されており、入手困難であることには変わりありません。
そのため、エレファント・レザーのベルトやウォレットには、高い値段がつけられています。 

 

 

 

とはいえ、独特の風合いがあり、丈夫で使いやすく、魅力的なレザーです。
本物志向を目指すなら、一度は試してみたい素材です。
そんなときに、選びたいのが小銭入れです。

 

 

小銭入れは、財布やベルトに比べると、価格が低めに設定されています。
なので、それほど予算をかけられない場合でも、探しやすいでしょう。
デキる男は、小物にこだわっているものです。
エレファント・レザーの小銭入れなら、その点申し分ありません。